LEDコラム第54回:ライティング・フェア 2013 - LEDのポータルサイト - LEDLED

やさしいあかり グリーン照明 LED

第54回:ライティング・フェア 2013
ライティング・フェアが3月5日〜8日の4日間、東京ビッグサイトで開催されました。来場者数は77072人。同時開催の展示会との合計は242353人と、大規模な展示会となりました。ライティング・フェアは文字通り、最終的なセット製品だけでなく、照明関連の材料やデバイス、計測・製造装置など、幅広く集めた展示会です。今回も、LEDを中心とした照明業界の最新動向が確認できるイベントとなりました。

ライティングジャパン 2013

BtoB向けの展示で取り分け目を引いたのが、パナソニックの設計者、電気工事店、店舗オーナー向けに作られたWebコンテンツです。すでに、LEDLEDにプレスリリースが掲載されていますが、ここではこのWebコンテンツがなぜ誕生したのかを含めて説明したいと思います。店舗オーナーがLED照明を導入しようとする場合、まず依頼をするのが電気工事店です。しかし、LEDは従来の照明と光の質が異なるため、電気工事店が判断して導入することができません。設計者が正しい照明の配置を検討して設計図を作成し、これに基づいて導入することになりますが、LEDを導入したいという需要は数多く、設計者に依頼して設置するという従来のプロセスでは全ての注文に対応しきれないのが現状です。海外メーカーの製品では、正しい設計や配置を考慮せずに導入するため、従来のような照明品質が得られないといった失敗事例も多く見受けられるそうです。そこで、立ちあげられたのが、今回のサービスです。設計者、電気工事店、オーナーそれぞれの立場で、LED照明を使ってどのような光によって空間を演出したいのか、このコンテンツを利用することでシミュレーションできます。
電気工事店向けWebコンテンツでは、スタイル、光源種類、明るさからLED製品を選択できる
条件を入れて検索するとシミュレーション結果が出る。結果を利用してプレゼン資料が作成できる。
電気工事店向けのサイトは、設置に向けた光学設計のシミュレーションが行えるため、設計者に依頼しなくても工事店のみで光学設計を考慮しながら、設置できるシステムになっています。サイトでは、(1)従来器具に相当する器具を選択し、LEDに置き換えた状態、(2)設置空間の広さや高さ、机などの配置から必要な器具台数・照度の計算、(3)従来器具とのコスト比較などがシミュレートできます。また、スマートフォンやタブレットを使って利用できるので、現場で部屋のレイアウトや寸法を確認しながらシュミレーションして迅速に対応できます。さらに、シミュレーション結果を利用してプレゼン資料が作成できるサポート機能も付いています。

東芝のシーリングライト“キラキラ”。
パターニングされたセード。この透明な部分からキラキラした光が出る。
コンシューマー向けでは、東芝がユニークな製品を展示していました。シーリングライト“キラキラ”は、セードに独自のクリアドットパターン処理でランダムな透明のドット加工を施すことにより、その部分からの漏れる光がキラキラと光って、空間を演出するという照明です。LEDの指向性の強い光だからこそ実現するもので、他の光源では難しいとのことです。リビングだけでなく、子供部屋などへの採用も想定しているそうです。
「和風ペンダント」。下面だけでなく、上面にも発光している。
「和風ペンダント」は、蛍光灯の和室用照明のLED版を出して欲しいとの要望に応えて製品化された商品です。本体の下面には拡散板が配置され床面を広く照らします。また、天井面には光が広がる配光を採用しているため、洋室に比べて反射率の低い和室を明るく照らすことができます。明かりの操作はリモコンでもできますが、引き紐が付いており、今までと同じ操作で使用できます。この「引き紐がないバージョンを以前に商品化しましたが、付けてほしいとのリクエストが非常に多かったため、つけることになりました」(ブース説明員)とのことです。

NECライティングのスピーカー付きLED照明。照明から音が出ているというのが不思議な感覚であった。
NECライティングは、音楽プレーヤーを内蔵したシーリングライトを紹介しました。スマートフォンの専用アプリから照明も音楽も操作ができます。Blutoothに対応しており、ワイヤレスで照明に音楽を送信します。スピーカーはパイオニア製を採用、本格的なサウンドが楽しめます。



[上原清志,LEDLED]

【関連コラム】

ページのトップへ戻る